初心者ライターが気をつけるべき事


af7fd8996d4be20189c541e55fa7813a_m
近頃、WEBサイトで「ライター募集」と検索すると、多くのライター募集求人が検索結果に表示されます。
SEOの仕様も変わり、WEBの時代もよりコンテンツ型に進んでいる今、WEBライターを求めている企業や媒体は増えつつあるのでしょう。

多くのライター募集求人を見ていると、「初心者歓迎」と謳った広告文も目立つ印象があります。
企業や媒体によっては、ハードルを下げてでも、人員を増したいという意図でライター募集求人を掲載している場所もあるのでしょう。
だからこそ、抱えてもらえる企業や媒体への、競合率が上がっているのではないでしょうか。

 

ライター応募で不採用続きのあなたに

 

「初心者歓迎」と謳ったライター募集求人だとしても、応募をされた時点で「審査」はスタートしているのです。

例えば、WEBライターを初めたばかりの方で、今この記事を読まれている方。
こういったところ、意識できているでしょうか。

・最低限のビジネスメールのマナー
・指定や条件等の内容をしっかりと汲み取れているか
・すぐにレスポンスができているか

「初心者歓迎」という言葉を鵜呑みせず、初心者だからこそ「礼儀」を重んじる必要があるのです。
「初心者」に限らず、経験者であれば尚更でしょう。
ライターとして契約を結ぶ際に、ビジネスとして取引を行うという感覚は忘れてはいけません。

「お小遣い稼ぎしたい」という気持ちでライターを始めたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか。
しかし多くの求人があるからといっても、不採用のスパイラルが続くようであれば、意識改善が必要です。
運よく採用された企業でも、意識の改善を怠っていれば、上手く仕事の関係を結ぶのが困難になります。

だからこそ、ビジネスとしての最低限のマナー、意識は忘れてはいけないのです。