コンテンツ哲学:氾濫する情報の中から魅力を生み出す


 

メディアがアナログ時代だった頃

info1 アナログ時代のメディアだった頃、何か情報を知る為には、テレビ、雑誌、ラジオ等がメインツールでした。

今と比べれば、情報量も少なかったでしょう。
だからこそ、情報を受け取る側の感動や新鮮さも大きかったものと思います。

時代はデジタルへ

info2

時代は流れ、メディアの流れも変わってきました。
特に大きな変化としましては、インターネットが主流となってきたことでしょう。

気になる情報に付随する言葉やキーワードを検索すれば、調べものとしても活用できます。
しかしネットでは情報は氾濫しており、一見同じ情報に見えても、視点や価値観、又は情報そのものが違ったりと、情報が情報を生み、溢れかえっています。

そして溢れかえったインターネットの中で、需要が多く生まれたのが「コンテンツサービス」です。

ロジカルな発想で生むクリエイティブ

info3無数にある情報を整理し、目的を持って情報閲覧する人へ有益情報・サービスを提供する「コンテンツサービス」

情報が氾濫し、「コンテンツサービス」の広がりにより”質の高い情報”を感覚的に選ぶ志向は一般的になり、情報リテラシー※1を身につけた人が増えつつあります。

その情報目的は、ニュースや報道等の社会的な情報だけでなく、料理や音楽等といった趣味に対しても、質の高さが求められつつあるのです。

【※1】 情報リテラシーとは

情報を目的に応じて使いこなす能力のこと

 

氾濫する情報の中から魅力を生み出す

info4インターネットが主流となり、「情報社会」と言われるようになった現代。

情報量が飽和状態となった今、芳醇な素材(情報)達を如何に組み立てるかが、情報発信する上で重要といえるのでしょう。