WEBサイトの価値はキーワード次第?キーワードライティングの基礎知識


キーワードライティングとは

cbbe1fbdd79871680e400269186dc14b_m特定のキーワードに沿って文章(WEBページ用の記事)を作成することを「キーワードライティング」といいます。

SEO(検索エンジン最適化)のために行われる作業の一つで、文章の質(コンテンツの価値)、キーワードともに重要。

かつては「質より量」、「キーワードの選定が最優先」とされ、類似の記事が自動作成ツールなど利用し量産されていましたが、検索エンジンの性能が向上したことにより、キーワードと同じくらい「質」を重視する傾向が強まっています。一方で「量」を考慮することも大切。

数百ページ(サイト)、文字数など、一定量を下回るとSEOの効果は期待できないともいわれています。

そのため、在宅ワーカーなどに大量に記事を「外注」するIT企業も多いようです。

理想は、「安く」、「質の高い」記事を「大量に」作成するシステム。

数百単位で記事を作成するのであれば、コストカットとクオリティ維持の両面に配慮しなくてはなりません。

 

キーワードライティングのコツ

 

60bd6cd5036cf8d46eee31faaa55c89e_mまずはキーワードの選定から行いましょう。

「検索されそうな単語」をバランスよく記事内にちりばめて書きます。

ただし、「人気の高いキーワード」はそれだけ競合サイトが多いので、アクセスを集めるためには記事の「」も重要になります。

狙い目は「検索数が多い」割に「サイト上であまり使用されていない」単語。

需要はあるが供給の少ない単語をキーワードとして選定します。

キーワードに限らず、この考え方はコンテンツを構築するうえでの基本姿勢(ニッチなジャンルを狙う)になります。

このあたりは経験に基づくセンス、専門知識を活用してのリサーチなど必要になりますから、しばしば「アフィリエイト」、「アドセンス」の成否を分かつポイントとしても話題になります。

 

共起語を意識しよう

 

eadd047924cad848aeb33fcab34cb94e_mSEOにおいては、単一のキーワードを頻出させればいいわけではなく、「共起語」を配置することでより効果的なアクセス増を狙えます。

共起語とは、「特定の単語に関連性の高い別の単語」。

例えば、「文章」の共起語としては「執筆」、「作成」、「書き方」、「校正」などが挙げられます。

検索エンジンは共起語の存在によってキーワードとの「関連性」を判断する仕組みになっており、適度に含めることでより大きなSEO効果が見込めるといわれています。

そのため、キーワードライティングを行う際には共起語も含めて記事を作成・発注するケースが多いようです。