在宅のお仕事 絶対にマニュアルだけでは学べないWEBライティング


0eed965ad4fa3112de0bc149f1be96a4_s

 

マニュアルを読むだけでキレイな文章が書けるのであれば、時間をかけてライターを教育育成する必要はなくなってしまいます。結論から言えば、文字だけでWEBライティングをマスターすることは100%できない、ということです。

 

2

 

■文字だけで感覚・ニュアンスは伝わりません

PCやオーディオ機器などのような機械に関しては、添付されているマニュアルがなければ何もできません。逆に言えば、マニュアルさえあればそれ以外のものは必要ありません。

ではそれをWEBライティングに当てはめて考えてみましょう。

機械でいうと「ハード」と「ソフト」に分けられますが、文字を書くという作業もこの二つに分けることができます。

4

○ハード面

WEB上の文章を書く際には、細かな決まり事が数多くあります。この部分だけに関していえばマニュアルは必要です。ただし、基礎ルールをマスターするのに必要なものは決してマニュアルの読み込みではなく、あくまで「実践」経験です。

そしてその実践も、第三者の指導がなければ意味を持ちません。自分の書いたものを客観的に判断することができませんので、外部からのフィードバックは基礎を身に付ける上でのマストアイテムです。

仮にこれまでフリーランスで仕事をされた経験のある方でも同じです。あなたが書いた文章に対するフィードバックがなければ、スキルアップができないどころ、かひょっとすると基本ルールすらマスターできていない可能性すらあります。

3

○ソフト面

実は、文章はアナログな生き物です。たとえ基礎的なルールは覚えたとしても、ライティングに必要不可欠な「切り口」はそれだけでは決して広がりません。独学でいくら書いても「言葉の引き出し」は増えないということです。

それ以上に、書くために必要になってくるのが「感覚的な」物事のとらえかたです。言い換えればニュアンス的なものは感じるものであって、それをマニュアルのような文字や文章に落とし込むことはできないということです。とてもファジーな部分もあるのがWEBライティングの特徴ですあり、深い部分だといえます。

どんなに難しい内容、あるいは文字では伝えにくいテーマでも全ての読み手に理解できるようにアウトプットする、それがWEBライティングです。

難しい面だけを書いてしまいましたが、自分の書いた文章がWEBにアップされて誰かの役に立つのはライターとしてはうれしいものです。しっかりと基礎から学べる環境さえ整っていれば、収入もスキルも自然と身に付いてきます。専業主婦の方でも、気軽にトライされてみてください。