ワンランク上のライターを目指すなら知っておきたいクライアントのニーズ


a7cb8aa2ffb8a9a2e698bf92a0cf3bf5_s

もし、あなたがこれまで以上に安定した収入を目指すのであれば、ただ単にクライアントに依頼された記事を書けばいいだけの時代は終わりつつあります。

ほとんどの方は自分の記事がどのような目的で、そしてどのようなサイトで利用されるのか関心すら持っていなかったと思います。文章を書くのが仕事ではありますが、今後はSEOもある程度理解した人材の需要が一気に増えてくるでしょう。

■より広いWEBに関する知識を持つ必要性

一つのウェブサイトを作り上げるには数多くのスペシャリストがいろんな工程を担当します。デザイナー、プログラマー、コーダーやディレクター、そしてサイト全体の設計が決まった時点で初めてそこに、どんな文章にすればいいのかが決定されます。

クライアントから「このような記事を書いてほしい」と依頼が来た時点で、もしあなたがその記事の中で本当に求められているものを理解していればコンテンツそのものの評価も一気に上がります。

コンテンツの質は必ずしも「読みやすく、まとめられた文章」だけで判断するものではありません。目まぐるしい変化を続けるWEB業界の中で、クライアントが理想とする「着地点のブレがない」記事を提供できるようになることが、これからのライターに求められるプラスアルファの要素です。

■これからのライターに求められるもの

安定した高収入、これはだれもが求めるものです。いまあなたに必要なことは、ただ単価の高い案件を探すことではありません。だれもが大手のクライアントとの長い付き合いを求めるのは当然です。そのためには知識の守備範囲を広げる必要があります。

最終的にはクライアントとの信頼関係が、あなたのライターとしての報酬の安定性をもたらすことはだれもが知っていることです。ではその信頼関係のベースとなるものは、なんでしょうか?

  • 質の高い記事の執筆
  • 納期遅れのない安定した記事供給
  • ボリュームのある記事数でも確実にこなす

このようなことはハイエンドなライターを目指すのであれば、「できて当然」なことです。

今後はさらに

  • 記事の着地点とその先にあるクライアントの目的の理解
  • グループなどの検索エンジンが評価するようなキーワードの理解
  • ロングテールでメインキーワードから広げる共起語の選択

このあたりのレベルまで自分の知識として勉強しておく必要性が出てきます。とはいえ、あくまで自分の本職がライティングであることを忘れてはいけません。WEB業界の動向にアンテナを立てて、情報を常にアップデートしておくようにしましょう。

このような日々の情報の収集が、あなたの制作したコンテンツの評価となっていきます。クライアントにとって「使い勝手のいいライター」であることを心掛けるようにしましょう。