ポテンシャル(潜在性)の低いWEBライターでは、ライター業だけで飯を食えない。


ec4d751079f2e3815883c521e59d16e9_m

 

 

 

ライターになる事自体は、非常にカンタンです。
ましてやWEB媒体をメインに執筆を行う「WEBライター」であれば、尚更カンタンになれます。

もちろんこの記事を見ているアナタでも、今日からすぐに「ライター」として活動できるのです。

しかし、誰しもが「ライター」になれるからこそ、文章で飯を食う「ライター」になるのは、ほんの一握りといえるでしょう。

どうすれば「ライター」になれるのか。

「私はライターをやっています」と名乗れば、「ライター」として認識されていきます。
WEB上で自身のホームページ、ブログを設立し、サイト上で「ライター」と名乗れば、更に強力な名刺となるでしょう。

しかし認識させる行為が簡略的な分

重要になってくるのが、「ライターとしてのポテンシャル(潜在性)」です。

「ライター」に可能性はあるのか

「ブログ」、「SNS」・・・
文章を人に発信するツール

「クラウドソーシング」・・・
仕事を探すツール

その二つのツールがWEBには多く存在する為、ライターは活動の幅が広がりやすくなりました。

ライターの活動できる受け皿が増えた事は、多くのWEBライターを生み出した要因でしょう。

だからこそ、ライターに執筆依頼を行う企業や業者は、「ライターのポテンシャル(潜在性)」を重要視する傾向にあります。

つまり、「依頼されたテーマに対してただ書く」という姿勢では、その時(業務に対して)だけの対価は得られても、未来性に欠けています。

「ライター」としてのポテンシャル(潜在性)とは

面白い記事には多くの人(アクセス)が読みに訪れます。
タメになる情報が記載された記事にも多くの人(アクセス)が読みに訪れます。

そして記事で読み手の心を掴めば、「このサイトの記事をもっと見てみたい」となり

サイトそのものに人が流れ、サイト全体を活発的なものにしていくでしょう。

だからこそ、サイトコンテンツの核となるのは、「文章」です。

イラストや写真があれば彩りは良くなりますが、「中身のない文章」では読み手の心は掴めません。

「何を発信するのか」

「どう発信するのか」

ライターとしてのポテンシャルが試される要素は、この二つのキーワードにあります。

ライターとして活動していくには、常に意識すべき視点ではないでしょうか。

 

惹かれる文章の「魅力」

 

アクセスの多いコンテンツやブログには、やはり理由があります。

nanapi [ナナピ]、NAVERまとめ等でアクセス数の多い記事を参考にお読みになるのも良いでしょう。

多くの人が惹かれる記事には、惹かれる「魅力」が必ずあるからです。

流行に対するマーケティング・文章力・語彙力・ロジカルな文章構成・・・

重要な要素を一つ一つ、解釈し吸収、そして自身の糧にしていく姿勢こそ、ライターとしてのポテンシャルを育ててくれるでしょう。

美しい文脈、吸い込まれるテンポ、芳醇な情報、そういった魅力深い記事に出会ってしまった時の発見と感動を、読み手に与えてこそ、真のライター(発信の職人)だと私は考えております。

ライターに興味を持ったあなたも、是非目指すなら、ポテンシャル(潜在性)の高い「ライター」を目標に掲げていただきたいです。