WEBライターに求められるリライトでのスキル


0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_m

 

リライトを行う際に意識すべき点があります。それは、用意された記事をさらに読みやすくすることです。また、記事を読みやすくする技術は、WEBライターにとって重要だといえるでしょう。

そこで今回は、記事を読みやすくするための手法をご紹介します。

 

記事の「伝えたいを汲み取る」

 

まず、用意された記事を熟読しましょう。熟読することで、その記事が「何を伝えたいのか」汲み取るのです。

汲み取った情報を元に、自身の言葉で書きなおしましょう。

 

伝えたい情報は「厳選」し、理解しやすく

 

読者は、人により「情報の理解度」が異なります。そのため、たくさんの情報を盛り込んだ記事は好ましくありません。

理解しやすくするコツとしては、文章に含まれる情報をできるだけ削ることです。文章内の情報が多いと、本当に伝えたい情報が埋もれてしまい、読者の理解を妨げてしまいます。

 

「小見出し・段落分け」で要点を分かりやすく

 

改行のない記事を読んで、「読みたくない」と感じたことありませんか?記事を読みやすくするには、「見た目」から整える必要があります。

見た目を整える上で重要なことは、「小見出し」と「段落分け」を設けることです。この二つを設けることによって、要点が分かりやすく、読みやすい記事になります。

 

〇小見出し

記事の節につける見出しを差します。
小見出しが、節の補足的な役割となるのです。
そのため、文章の展開ごとに理解しやすくなり、読みやすい印象になります。

 

〇段落分け

段落分けとは、要点ごとに文章を分ける手法です。
WEBライティングでは、空白行を使い、段落を分けます。

なお、段落内で複数の話題にふれてしまうと、情報が混雑してしまい読みにくくなってしまいます。
段落分けを行う際は、ひとつの話題に絞るよう意識しましょう。

 

本質を捉え、読みやすく表現

 

文章の本質を汲み取り、厳選し、整えることにより、記事が読みやすくなります。これらの技術は、文章力と表現力に密接につながるでしょう。リライトを行う際に、ぜひご参考ください。