SEO(検索エンジン最適化)とは


d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_m

 

アナタは、「SEO」という言葉をご存じでしょうか。

WEB関連の仕事をしている人、また自分のブログやサイト等を運営している人ならご存知ではないでしょうか。

 

SEO(検索エンジン最適化)とは

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、「検索エンジン最適化」という意味になります。GoogleのWEB検索機能で情報検索を行う際に、検索結果ページの上位に自分のWebサイトが表示されるよう工夫することを言います。

より検索数に見込みのある「キーワード」を狙い、上位表示を促す事が出来れば、目的のWEBサイトにマッチしたユーザーが多く訪れるようになるでしょう。SEOの仕組みとしまして、検索サイトは登録されているWebページの中から独自の方式(アルゴリズム)で順位を決定しています。検索結果で一番上に来ていればそれだけ人の目につきやすく、見てくれる人が増えるでしょう。

もし、ネットショップを運営しているのであれば、SEO対策を行うことで、多くの人閲覧し、そして商品を購入してもらうことに繋がります。つまりWebサイトを制作・運営する上で、SEOは重要な対策手法といえるでしょう。

では、どのように対策を行えば検索結果の上位表示が見込めるのか。

 

SEOの考え方を理解し、上位表示の為のコツを紐解いていきましょう。

 

「SEO」の歴史は、Googleの「上質な情報を求めているユーザーに届けたい」という情熱が動かしているといっても過言ではありません。アルゴリズムの仕様は日に日に変更や改善を繰り返し、WEBコンテンツの制作側に対して、常に意識させている存在でもあるのです。しかし。常に進化を遂げる「SEO」の考え方を紐解くと、「コンテンツの質」に着目している傾向にあります。

 

白黒つける「パンダアップデート」、コンテンツ思考の時代に

 

63979182d627228ab83e0f6baee9974b_m2011年2月、アルゴリズムの改善として、「パンダアップデート」という手法が実施されました。

パンダアップデートとは

  • コンテンツ内容を重視されているか
  • コンテンツ内容のオリジナル性
  • コンテンツ量と更新頻度
  • 情報の専門性と正確性

等、WEBサイトのコンテンツ(中身)を評価付けする考え方です。

「パンダ」という名前の通り、判断をコンテンツの中身で白黒つけるといった考え方は、非常にユニークであり、WEB業界にとっては残酷さも感じる要因ではないでしょうか。「パンダアップデート」の登場により、WEB業界は以前までのSEO戦略では上位検索も見込めない為、よりコンテンツを重要視する流れになっていきました。

 

「ペンギンアップデート」の登場により、コンテンツの品質が重要に

 

3fa08060744208aadc8aa4107ee06da3_mパンダアップデートの登場より、およそ1年が経過した2012年4月。

アルゴリズムの改善として、次に「ペンギンアップデート」という手法が実施されました。

パンダアップデートとは

  • リンク数やリンクをもらっているサイトが不正でないか
  • 関連性のないキーワードを使用していないか

等、WEBサイトにマッチしたリンクとキーワードを評価付けする考え方です。

「ペンギンアップデート」の登場により、不正にリンク数を増やしたり、記事内に大量のキーワードを盛り込む等の手法ではSEOの効果が見込めなくなり、WEB業界はよりコンテンツのあり方を考え直すキッカケとなりました。

 

SEOの進化から、コンテンツの未来と可能性を紐解く

 

「ユーザーに対して有益なサービスを行えているか」

「ユーザーの求めている情報を発信できているか」

SEOの考え方は、進化を繰り返しながら、クリエイティブな流れを生み出す為の考え方へと遂げつつあります。

 

「ホワイトハットSEO※1」が高く評価され、「ブラックハットSEO※2」が低く評価される

SEOの考え方から紐解ける情熱は、ユーザーに対して良質なサービスを行おうという姿勢からきているのでしょう。

まさにSEOの進化は、WEB業界の進化をも促す大きな要因となってきているのです。

SEOの進化により、WEB業界はより「コンテンツ思考」が強くなりました。

常に自問自答を繰り返し、良質な「コンテンツ」を提供する。

その思考こそが、SEOに対する”核心”なのかと思います。

【※1】 ホワイトハットSEOとは

良質なコンテンツ、WEBサイトの使い勝手、表示の高速化など、ユーザーと検索エンジンの両方に良い効果をもたらすために行われるSEO戦略。

【※2】ブラックハットSEOとは

上位検索を目的として、抜け道のような手法を使って行われるSEO戦略。