SEOに適したWEBライティングの方法論とは


「ユーザー目線」を意識しよう

9af09beb30de24c164fd8e766770e6a2_m

WEBライティングについては、よく「ユーザーの目線」について言及されます。

具体的に言えば、ユーザーが「欲しがっている情報」を提供すること。

例えば、キーワードが「SEO」、「コツ」なのであれば、ずばりSEOについてのテクニック、基礎知識など解説する必要があります。
ライター(書き手)に知識が不足していると、ユーザーの求める情報を推察することができませんし、読み物としての「質」も期待できません。

とはいえ、あまりに専門的な内容では、読者が限定されてしまいます。

理想は広く・深く・面白く。

「楽しく読めてためになる」記事を多く掲載できれば、アクセス数の飛躍的なアップも期待できるでしょう。

換言すれば、以下の3点に集約されるでしょう。

 

  1. ユーザーがどのような情報を求めているのか→「ニーズ」の把握
  2. 内容は充実しているか→「質」の向上
  3. 分かりやすく読みやすい形で情報を提示できているか→「一般性」の獲得

通常、①はサイトの設計者(IT企業)が、②はライターが、③は設計者とライターの両者によって考慮されます。

 

文章はシンプルに

 

0208b0f954e18e68515a8869af39a390_m

ネットユーザーは「飛ばし読み」、「斜め読み」、「ながら読み」により多くの情報を収集するといわれています。

事実、「まとめサイト」など箇条書きの形式で情報を紹介しているコンテンツは需要が高く、「簡潔さ」により様々な「読み」の姿勢に対応しているようです。
したがって、文章はシンプルであればあるほど良く、必ずしも高度なレトリック、凝った表現などは必要ありません。

もちろん、文章力の優れたライターに作業を依頼するに越したことはないのですが、情報収集にさえ時間をかければ、「中身」のあるWEBライティングは誰にでも可能です。

 

ユーザーに伝わりやすい文章構成とは

 

0b5d1153b371e50c806c2ea89814adef_m

専門的な内容であっても、「文章構成」次第では分かりやすく読み手に伝えることができます。

構成を整えるテクニックとしては、こまめな改行、段落分け、画像やイラストによる解説(図解)、小見出しの設定、箇条書き、太文字・色文字による強調などが挙げられます。

ある程度のボリュームを確保できたら、章立てによる解説やフローチャートを作成するのも良いでしょう。

最近では動画サイトを活用したり、リンクを貼って「まとめ形式」で情報を網羅的に紹介するサイトも増えています。
あえて文字数を限定し、「必要最低限のことを書く」構成にこだわるのも良いでしょう。