商品(サービス)説明型の書き方


 

■冒頭文

以下の2パターンの書き方が好ましい。2つを組み合わせるのも有り。

①問題提起:読者(ターゲット)が抱えている悩みや問題を明確にする。
「どんなダイエットをやっても、失敗ばかりしていませんか?」など。
そして、「逆効果のダイエットをやっているからですよ」と理由を加え更に読者(ターゲット)の興味を惹きつける。

②結果の明示:あなたの記事を読む(紹介商品を使用する)とどうなるのかを具体的に伝える。
例えば、「3ヶ月で○○kgほどシェイプアップできます。」など。
忙しい時間を割いてまで、記事を読む理由を与えてあげるイメージ。

 

■コンテンツ本文

冒頭文に紐づく理由を解説するパート。
コンテンツ本文内での情報を1つに絞り書く事を意識すると、更に読者(ターゲット)を惹きつけられる文章になる。

また、各コンテンツ本文に小見出しを付ける事により、文章のテンポ、情報の整理にも効果が出る。

 

■まとめ文章

以下のパターンの書き方が好ましい。

①結果(結論)の再提示:記事の情報を取り入れれば、どのような結果を得られるのかを、最後にもう一度伝える。

 

800文字指定の場合
——————————————————————–
【文字数内訳】
350文字(冒頭文・まとめ文) + 420文字(コンテンツ本文) + 32文字(各小見出しタイトル4点) =802文字
——————————————————————–
■冒頭文
冒頭文本文(175文字~)■コンテンツ本文①
小見出し(8文字~)
コンテンツ本文(140文字~)■コンテンツ本文②
小見出し(8文字~)
コンテンツ本文(140文字~)■コンテンツ本文③
小見出し(8文字~)
コンテンツ本文(140文字~)■まとめ本文
小見出し(8文字~)
まとめ本文(175文字~)
500文字指定の場合
——————————————————————–
【文字数内訳】
280文字(冒頭文・まとめ文) + 210文字(コンテンツ本文) + 24文字(各小見出しタイトル3点) =514文字
——————————————————————–
■冒頭文
冒頭文本文(140文字~)■コンテンツ本文①
小見出し(8文字~)
コンテンツ本文(105文字~)■コンテンツ本文②
小見出し(8文字~)
コンテンツ本文(105文字~)■まとめ本文
小見出し(8文字~)
まとめ本文(140文字~)